越百山・仙涯嶺・南駒ケ岳

・日時 2015年7月31日~8月1日
・場所 中央アルプス 越百山~仙涯嶺~南駒ケ岳
・コースとコースタイム 伊那川ダム~越百山~仙涯嶺~南駒ケ岳~伊那川ダム
            7月31日 伊那川ダム6:00~越百小屋11:20(泊)
            8月1日 越百小屋5:30~越百山6:25~仙涯嶺7:55~
            南駒ケ岳9:40~伊那川ダム15:15
・天気 晴れ
・メンバー Mizukami
・メモ 
 7月31日伊那川ダム5時過ぎに到着、今日は越百小屋までの軽い工程でゆっくり登る。
 小屋に着き携帯でメールを確認すると8月3日に出社の必要ができてしまい、1日早め
 に下山できれば間に合うため今後の工程を確認する。
 当初の計画では空木岳まで縦走し木曽殿小屋に宿泊し2日に下山の予定であった。
 南駒ケ岳から下山できる登山道があったので小屋の主人に聞くと、山を良く知っている人
 なら踏跡もあるので問題ないとのことで、予定変更に決定する。
 電波がかろうじて通じていたので木曽殿山荘にキャンセルの電話を入れる。
 小さい小屋で少々変わっているが、寝具は寝袋であった。ただし、宿泊者全員に
 着ているものをすべて着替えるように指示された。
 8月1日 小屋を出発し越百山を目指すが登山道は潅木に覆われたところが多く、
 前夜の雨でぬれているため雨具を着用。非常に歩きにくくもう少し手を加えて
 もらいたいものだ。
 越百山頂上に飛び出すところは感動的で、いきなり富士山が目に入ってきた。
 仙涯嶺の通過も緊張したが、一部崩壊した場所には土嚢を積んで応急処置がして
 あったがまた崩れ始めていた。
 南駒ケ岳で下りの登山道を探すが、標識が少なく大きな岩の間をうろうろする。
 薄くなった目印や踏跡を探しながらの下山となる。岩場が終わったところからが
 猛烈な藪こぎとなり時間を食う。
 2,000mより下になると見違えるような登山道となり安心した。林道に出ると猛烈な
 暑さにへとへとで伊那川ダムに到着。

2015-08-17 | Posted in 山行報告No Comments » 

関連記事

Comment





Comment