八ヶ岳(赤岳)

>日時:2017年1月28日(土)
>場所:八ヶ岳 赤岳
>天気:晴れ
>コースタイム:6:30-14:00
 美濃戸口 – 行者小屋 – 文三郎尾根 – 赤岳 – 地蔵尾根 – 行者小屋 – 赤岳鉱泉 – 美濃戸口
>メンバー:高尾(周)
>装備:冬山登山装備一式
>MEMO
 早朝車移動で美濃戸口へ
 圏央道は早いですね、自宅から約3時間で美濃戸口へ到着しました。
 天候が良いこともあり、駐車場には多くの車が停まっていました。
 ゆっくり車中で着替えを整え出発しました。

 あっという間に行者小屋、数名の登山者の方がすでに出発の準備をしている中
 私もピッケル、アイゼン、ヤッケなど準備をして文三郎尾根方面へ向かいました。
 雪面はクラストしておりアイゼンがよく効きました。
 稜線に出ると、強い風、寒いというより痛い・・・
 山頂に到達すると素晴らしい展望が待っていました。
 長居はできませんでしたが、久しぶりに山頂の雰囲気を堪能することが出来ました。

 下山では、実は待ち合わせをしていた友人と展望荘でおちあい、つのる話を1時間くらい
 そして、お互いの帰路へ向かいました。
 下りは地蔵尾根、登りと違って下りは慎重に慎重に下りました。
 行者小屋へ着いた時間が計画よりだいぶ早かったので赤岳鉱泉廻りに変更。
 14時には駐車場へ到着

 帰りは渋滞にハマることなくまっすぐ。
 充実した休日を過ごすことが出来ました>^_^< >ヒヤリハット及び改善点
 ・登りの際に、久しぶりに一度だけアイゼンをひっかけて転びそうになってしまった。
  場所が悪いと滑落の可能性があります。
  当たり前のことですが一歩一歩慎重にしなくてはと感じました。

出発

見えてきました

道標へ向かって

山頂まであと少し

阿弥陀を片手に

絶景

阿弥陀岳

山頂

冬ですね

絶景

平野

険しいな~

帰路へ

2017-01-28 | Posted in 山行報告No Comments » 

関連記事

Comment





Comment