2017年9月10日仙ノ倉山、11日守門岳

2017年9月10日(日) 仙ノ倉山

メンバー:水上

天候:晴れ

前夜、火打峠にて車中泊
10日:5:50発→平標山9:10→仙ノ倉山10:10→平標小屋11:35→火打峠13:45
天候:晴れ
火打峠駐車場は日曜日でも車は少なかった。すっきりした天候のなか秋を感じる登山になった。
登山道は整備が行き届いていて松手山、平標山を経由したがほとんどが平板の階段となっていた。松手山までは急斜面できつい登りだった。平標山からの稜線は秋の始まりを感じさせる色が付き始めていた。
帰路は同じコースを下る予定でいたが、膝の回復度合いを見る山行のため少しでも負担を軽くするため平標山の家経由の平元新道を下った。こちらの登山道は松手山コースのような平板ではなく丸木の階段であった。
膝の具合を見ながらであったが、長期間足を使った運動をしていなかったため下りはきついものになってしまった。膝も多少腫れと熱があったため夜は氷で冷やし翌日に備えた。

仙ノ倉山山頂

平標方面からの仙ノ倉山

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月11日(月) 守門岳

メンバー:水上

天候:晴れ

小出市内を5時発
大白川登山口駐車場6:30発→守門岳10:10→登山口駐車場13:15

大原スキー場よりもかなり奥まで車で入れるため、守門岳へ最短時間で登れるとのことでこのコースを選んだが膝の回復度合いを測るためのルートとしては失敗だった。
駐車場は草深い場所だったが、トイレもちゃんとしていた。
藤平山コースと合流する小烏帽子までは急登の連続で、気温も高く疲れてしまった。
このコースは登山道の草払いも良くされていてきれいだった。
小烏帽子からの急な下りで足が悲鳴を上げストックに頼りながらなんとか駐車場まで降りてきた。
今回は病み上がりの足でどのくらい登れるのかを試す登山だったが、予想以上の筋力低下がはっきりした。これから山を続けられるか考えさせられる登山となった。

守門岳山頂

2017-10-03 | Posted in 山行報告2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 会員 | 2017.10.03 22:51

筋力は年をとっても回復するみたい。
無理せず、少しずつ鍛えていけば、今後とも十分活躍出来ると思うよ。

膝は筋肉である程度はカバーできると言われるね。
僕の場合はときどき整形外科でヒアルロンサンを注入してもらうことでもたせている。
(oh)

 会員 | 2017.10.09 15:58

そうですか、そうなるように頑張ってみます。

Comment





Comment