春の連休期間中における山岳・行楽地等に係る警察措置について

ホーム フォーラム 山の会・樹眩霧の掲示板 春の連休期間中における山岳・行楽地等に係る警察措置について

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 年、 1 ヶ月前 山の会 樹眩霧 さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1625 返信

    山の会 樹眩霧
    キーマスター

    春の連休期間中における山岳・行楽地等に係る警察措置について
    1 山岳
    春の連休期間中(4月29日(金)~5月8日(日)の10日間)の山岳遭難の発生状況
    は、発生件数163件、遭難者196人。うち、死者21人、行方不明者4人、負傷者
    63人。
    ○警察措置
    警察では、山岳警備隊員を中心に延べ1,173人を投入、ヘリコプターを58回
    出動させ、捜索救助活動を行った。
    今後も、山岳遭難防止のため、関係機関等と連携しながら広報啓発活動を推進する。

    2 行楽地等
    春の連休期間中において各都道府県警察が雑踏警備を行った全国の行楽地及び催し物
    会場等は、818箇所(前年比-5箇所)であった。
    同期間中、警察では延べ約2万6千人(前年比-約2千人)の警察官を動員し、主催者
    等と連携しながら、雑踏事故防止対策を推進した。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: 春の連休期間中における山岳・行楽地等に係る警察措置について
あなたの情報: